銀行系カードローンの特徴は?

住宅ローン等より審査が簡単

カードローンといえば一般には消費者金融業者の取り扱う金融商品としておなじみですが、実はそれ以外にも扱っているところがあります。その1つが、銀行です。
銀行には住宅ローンや教育ローンなど、いわゆる窓口ローンと呼ばれる金融商品を扱う部門があります。それらはいずれも使途や返済計画、担保価値などをチェックし、時間をかけて利用の可否を審査するのが基本です。これに対してカードローンは比較的審査が簡単で、申込みから借入れまでの所要期間が窓口ローンより短めであるのが特徴となっています。
消費者金融系のカードローンと比べた場合、銀行系カードローンには固有の特徴がいくつかあります。そのうち最も大きなものが、総量規制がないということです。

貸出条件に独自のルール

総量規制とは貸金業法に定める貸出限度額のルールのことで、貸金業者は利用者の年収等の3分の1を超える貸出しを行ってはならないというものです。消費者金融業者は、すべてこのルールに従う必要があります。
銀行系カードローンはこの総量規制の対象外であるため、3分の1を超える貸出しを行っても構わないとされています。銀行の中には実質的にこの範囲内に貸出額が収まるよう独自の規制を設けているところもありますが、それはあくまでも個々の銀行の自主的な判断によります。
また、年収の額に応じた限度額が設定されていないことから、銀行系カードローンは年収がゼロの者にも利用できるチャンスがあります。これも消費者金融系カードローンにはない特徴で、やはり実際の貸出条件は個々の銀行ごとに異なりますが、専業主婦や学生などが借入れ可能な銀行系カードローンも存在します。