消費者金融系カードローンを申し込む時の注意点

借り入れ金額の上限金額に注意

カードローンは住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどと異なり、基本的に目的に関係無く個人に対して貸付を行ってくれるローンサービスを指します。
カードローンにはいわゆる消費者金融が提供しているカードローンと銀行が提供しているカードローンの2つがあり、両者の違いは借り入れする事が出来る金額の違いにあります。
前者の場合、総量規制と言う法律が適用されるため、年収の3分の1までしか借り入れをする事が出来ません。一方の後者の場合、その総量規制の対象となら無い為、借り入れ可能な金額に法的な制限が無い状況です。
その為、消費者金融のカードローンで借り入れを検討しているという方は借り入れ金額の上限金額に注意をしましょう。

総量規制の考え方を押さえておきましょう

消費者金融のカードローンを申し込む際に注意をしたいのが、総量規制ですが、間違いやすいのが上限金額に対する考え方です。
総量規制はあくまでも他社も含めた借り入れ金額の総額に対する規制なので、仮にA社で借り入れを行っている人がB社でも借り入れをする場合はA社とB社の合算の額となるのです。
もちろん、複数の消費者金融のカードローンを借り入れする事が出来ないと言う訳ではなく、総量規制の枠内であれば、何社からでも借り入れを行う事が出来るので安心して借り入れをする様にしましょう。
なお、消費者金融のカードローンを申し込む際には借り入れ希望金額を問われるので、その際に総量規制の枠の範囲内の額を選択すれば問題はありません。