銀行系カードローン

銀行系カードローンは、よく知っている地元の銀行からメガバンクまで取り扱っています。この銀行系カードローンは利用する側として安心感が持てることでしょう。では、メリットと注意点をそれぞれ見て行きましょう。

銀行系カードローンの特徴は?

カードローンといえば一般には消費者金融業者の取り扱う金融商品としておなじみですが、実はそれ以外にも扱っているところがあります。その1つが、銀行です。銀行には住宅ローンや…

銀行系カードローンを使う3つのメリット

カードローンは多くの金融機関で使えますが、特に人気が高いのが銀行系です。簡単な手続きで利用できるので負担が小さく、信頼を得ていれば大きなお金も借りられます。…

カードローンとは何?

カードローンは、限度額内で何度も借入や返済をすることが出来る、目的フリータイプの無担保融資です。銀行などの金融機関で取扱いをしています。

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンと聞くと、ちょっと怖いなというイメージがあるかもしれませんが、審査のスピードが早かったり、初回利用するときに、お得なサービスがあったりしますので、きちんと返済できれば怖くはないのです。それでは、消費者金融系カードローンを使うメリットと注意点をそれぞれ見て行きましょう。

消費者金融系カードローンの特徴とは?

消費者金融系カードローンを使うメリット

消費者金融系カードローンを申し込む時の注意点

銀行系カードローンを契約するとき注意するポイント

審査に落ちる可能性が消費者金融よりも高め

銀行系のカードローンを契約する場合の注意点はなんでしょうか。まず、消費者金融系のカードローンと比べて審査のハードルが高いことが挙げられます。実際、銀行によっては、自社のカードローンの審査に落ちた客に対し、グループ内の消費者金融のカードローンを紹介することがあり、同じグループに銀行と消費者金融が存在していた場合は明確に審査基準に違いがあると考えた方がいいでしょう。 したがって、非正規雇用者である、収入が少ない、他社から借り入れがあるなど、審査でマイナスになることを多く抱えている自覚があるなら、審査落ちになる可能性が高い銀行のカードローンは避けて、最初に消費者金融のカードローンに申し込むのもありといえます。

申し込みの翌日以降でないとお金は振り込まれない

審査結果が出るまで少し時間がかかるのも銀行系カードローンの特徴です。近年、カードローンの利用者が借りたお金を返済できずに債務整理に追い込まれることが増えているのを受けて、銀行は審査を慎重に行うようになっています。そのため、以前は行っていた即日融資を廃止しているのです。 そのため、銀行のカードローンを契約する場合は、必ず、お金が必要になる日よりも前に申し込むようにしましょう。今日、急遽お金が必要になったという理由で申し込むと、審査に通っても振り込まれるのが翌日以降になってしまい、目的を果たすことができません。 ただ、審査を慎重に行う分、設定される利率は消費者金融よりも低い傾向があるので、その点でお得です。